柴田あゆみ 切り絵展『かみのやま』開催

柴田あゆみによる 切り絵展『かみのやま』を開催いたします。

 

様々な命が共存共生するかみの山・六甲山

神羅万象・万物が奏でるいのちの歌

人は、この輪の一部であることを思い出し、今、いのちの調和の原点へ

 

森羅万象の中にかみ(精霊や魂などのマナ)が宿るという日本人の自然崇拝を基に、紙を使い作品を作り出す。

“かみは時間、空間を越えて、あらゆる万物の中に宿る ”

という考え方から多くのものや事柄に対し「畏敬や畏怖の念を抱く」という考え方がある。

またそれは、物を大切にする・大事にするという考え方につながり様々なものにかみが寄り付くと考え依り代として祀ってきた。

私たちは万物、自然、さまざまな物に生かされている感謝と畏敬の念を忘れずに共存する事が出来るよう、思いを込めて作品を切り出す。

 

【開催概要】

 2021年8月17日(火)〜9月5日(日)

 11:00〜18:00

 ※月曜日定休

 会場:六甲山サイレンスリゾート旧館2階ギャラリー

 

【切り絵展示販売会】

 2021年8月17日(火)ー9月5日(日)

 11:00〜18:00

 入場料:500円(小学生以下無料)

 

【ワークショップ & ドルチェ】

〔第一回〕「六甲の森の小さな額縁」

      2021年8月29日( 日)13:30 〜 

                 5枚の紙を切り出し重ね、木製の合わせガラスフレームへ。

                 自然光やライトを当てた作品は、深い森に光が差し込むように輝きます。

                  

〔第二回〕「ときの薬草ピアス/ イヤリング制作」

      2021年9月5日( 日)13:30 〜

                 布のような丈夫な白紙を使い、約4cmの小さな植物を切り出し、オリジナルピアスイヤリングを制作します。 

                 デザインは2種類から1つお選びいただけます。

                 世界に1つだけのアクセサリー、完成品は素敵な黒箱に入れて。

                 ご自分へ、またはお友達やご家族へのプレゼントにいかがですか。

      

 参加費:5,940円 (教材費・フレームまたは箱代込み)、ドルチェセット付き

 要予約(20名先着順) ご予約はこちらからお願いいたします。

 

【トークショー】

〔第一回〕2021年8月28日(土)13:00ー/15:00ー

〔第二回〕2021年9月4日(土)13:00ー/15:00ー

 

柴田あゆみ

神奈川県横浜市生まれ。2007年に渡米。

2012年、ニューヨーク・ナショナルアカデミーに入学し、版画とマルチメディアを習得。

2015年より仏-・パリに拠点を移し、パリ市運営のアトリエ59リボリにて2年間の展示と制作活動に取り組む。

巧妙な切り絵と光が織りなす幻想的な作品は各国で高い評価を受け、 ミラノ・マルペンサ国際空港(伊)での大型作品の展示や、ドイツ国際ペーパーアートトリエンナーレにて入賞など、国際的なアートシーンで注目を浴びる。

国内では、2020年に銀座和光、富士川・切り絵の森美術館などで個展を開催。

同年12月には歌手・森山良子さんのコンサートツアーの舞台美術を担当するなど、その活躍のフィールドを広げ続けている。